ヴィッセル×ガンバ 戦術レビュー&データ集

関西ダービーで幕を開けるJリーグ!
ヴィッセルの新戦力とガンバの新戦術をチェックします!!

ヴィッセル×ガンバ 戦術レビュー&データ集
-ヴィッセルスタメン&サブ-

監督
三浦

4-4-2
GK
前川

DF(4バック)
RSB山川23
RCB菊池17
LCBフェルマーレン4
LSB酒井24

MF(フラット気味4枚)
RSH古橋11(→80分:田中)
LDH山口5
RDHサンペール6(→67分:増山)
LSH井上20(→80分:安井)

FW
LCF藤本9(→46分:ドウグラス)
RCF郷家7

サブ
廣永32
初瀬19
大崎25
安井14
増山37
田中21
ドウグラス49

イニエスタ選手はケガでメンバー外。
レンタルから復帰した増山選手が早速ベンチ入り。
ヴェルディから移籍してきた井上選手が早速スタメン!

ヴィッセル×ガンバ 戦術レビュー&データ集
-ガンバスタメン&サブ-

監督
宮本

4-1-2-3
GK
東口

DF
RSB小野瀬8
RCB三浦5
LCB昌子3
LSB藤春4

MF
DH山本29
RIH井手口15(→82分:チアゴアウベス)
LIH矢島21(→76分:倉田)

FW
RWG(LWG)川崎34(→76分:チュセジョン)
CFパトリック18(→67分:レアンドロペレイラ)
LWG(RWG)宇佐美39(→67分:高尾)

サブ
一森22
菅沼13
高尾27
チュセジョン6
倉田10
レアンドロペレイラ9
チアゴアウベス32

ゼロックスーパーカップからの変更点は倉田選手→宇佐美選手となって、少しポジションが変わりました。コンディション不良の可能性もありましたが、出場となりました。
宇佐美選手は神戸キラーとして9ゴールをこれまであげています。

ヴィッセル×ガンバ 戦術レビュー&データ集
-ヴィッセル戦術-

守備時の基本はシンプルな4-4-2で4-4の2ラインが守備のメインとなります。パトリック選手に入るボールをかなり警戒していました。
攻撃時はサンペール選手と山口選手の間に井上選手が下りて入ったり、状況に応じて右サイドへ移動するなど、井上選手が広範囲に動いてボールを受ける役割。
井上選手が動いて空いた左のスペースはLSBの酒井選手が広範囲に使おうとしていました。
山口選手が相手の中盤の5枚の前で受けようとするとマークにくるので、途中からパトリック選手の横のスペースを使い始めてボールを回す意図を見せていました。
後半はチーム全体として、パスの手を変え品を変えながら昌子選手を動かして空いたスペースを使おうとする意図も見えました。
途中交代で増山選手はRSHに、郷家選手がRDHに、古橋選手がCFへと役割変更。
得点シーンはガンバの永井ボールを菊池選手がカットし、少しルーズになったところを井上選手が落ち着かせて、山口選手へ。
顔が上がって時間を作ったタイミングで古橋選手が昌子選手の裏を取り、
ドンピシャの浮き球が出てきて古橋選手が決めました。
恐らく後半頭から昌子選手を動かそうという意図があったと思われますが、奏功した形になりました。

ヴィッセル×ガンバ 戦術レビュー&データ集
-ガンバ戦術-

守備時の基本は4-5-1ポジションを取って中盤は横のスペースがないような形。待ち構えるのでファーストディフェンダーを置いて積極的にボールに圧をかけるのとは正反対の考え方となるでしょうか。
相手の山口選手にボールが入ろうとすると同じゾーンに位置する井手口選手が食いつきにいくことが徹底されていました。
サイドにボールが入ると(特に古橋選手を警戒して)4のSBと、5のSHとで挟みに行こうという意識も強かったようです。
攻撃ではRSBの小野瀬選手は”偽サイドバック”的な役割。ワイドレーンで持つと、センターラインに平行に持ち運ぶなど中に入る動きが目立ちました。
アンカーポジションにメインポジションを取る山本選手は守備時の基本ポジションは4-5-1の5の真ん中ですが、相手の状況によっては斜め後ろに下がってボールサイドのSBの横~斜めのスペースを埋める工夫を見せていました。
高尾選手がRSBに入ると、小野瀬選手がRWGへポジションチェンジ。
倉田選手とチュセジョン選手が入ると、倉田選手がLWGに、チュセジョン選手がDHに入って、山本選手がLIHに一つポジション上げました。
失点後はチアゴアウベス選手が入って、4-2-3-1にチェンジ。DHにチュセジョン選手と山本選手、RSHにチアゴアウベス選手、LSHに倉田選手、OHに小野瀬選手が入りました。小野瀬選手はこの試合で3つ目のポジション。

ヴィッセル×ガンバ 戦術レビュー&データ集
-ヴィッセル監督コメント-

〇試合前
―お気持ちは?
「1/38ではなく、開幕は特別なもの。お互いにいいプレーをたくさん出してそのなかで勝ち切ることができれば」

-難しさもある。鍵は?
「やはり開幕戦は選手の緊張感が絶対ある。ミスをチーム全体でカバーできるような展開になれば」

-最後に一言
「もっとたくさんのかたにスタジアムで試合観戦できればと思うが、コロナで限られた人数になると思う。我々はしっかり戦っていい結果を出せるように一丸となってやりたいと思います。引き続き応援をして頂きたいと思っています。

〇試合後
-ホーム開幕戦勝利
「いい時間帯もあれば苦しい時間帯もあった。そこをしっかり選手全員が連動性のある守備で粘り強く戦ってくれた」

-いい時間、どのぐらいピッチで表現できたのか
「ポゼッションのなかで飛び出しは今シーズン取り組んでいる。最終ラインの背後に抜ける動きは何度もやっていきたい」

-苦しい時間は?
「ガンバのポテンシャルの高い選手にボールを持たれてペースで進む時間帯、我慢の時間帯を繰り返したうえで、守備のブロックを作ること。なんとか粘ることができた」

-次につなげていきたいのは?
「チームコンセプトは変わりません。やり続ける。その中でそれぞれの特徴がある。特性をいかすような試合になればいいと思います」

ヴィッセル×ガンバ 戦術レビュー&データ集
-ガンバ監督コメント-

〇試合前
-チームの状態は?
「先週ゼロックスを戦っているので、開幕を迎える緊張なく準備が出来たと思う」
―確認したことは?
「チャンスを作るためにアクションとPAへの強さ。守備に関してもファーストディフェンスの強さ」
ー勝利にむけて
「90分間集中力もってハードワークする、それに尽きると思います」

〇試合後
-振り返って
「勝ちきれない。点を獲り切れない。勝負所で点を失う、少し甘さがあった」

-後半ボールをぐっと保持できる時間もあった。何を指示したのか
「まぁ相手のプレッシャーをかいくぐるなかで、どうボールを動かすのかを確認しました。そういう時間帯があっただけの試合になってしまった」

-ここから連戦。高めてい行きたいところは?
「勝負所。点を獲り切る。自分たちの時間帯で点を獲り切らないとこういう試合になってしまう」

ヴィッセル×ガンバ 戦術レビュー&データ集
-ヴィッセルデータまとめ-

〇走行距離
12.3㎞郷家
11.5㎞酒井
11.4㎞山口
11.1㎞山川
10.8㎞菊池

〇スプリント回数
32回古橋
27回山口
22回酒井
19回山川
18回井上
16回郷家
14回藤本

〇シュート数
4本古橋
1本井上

〇パス数
89本フェルマーレン
84本菊池
78本山口
72本酒井
61本サンペール
51回山川

〇山口選手個人データ
ラストパス1
パス78
前方パス成功率78%
走行距離11.4㎞
スプリント27

ヴィッセル×ガンバ 戦術レビュー&データ集
-ガンバデータまとめ-

〇走行距離
12.4㎞山本
12.2㎞藤春
12.0㎞小野瀬
11.1㎞井手口
10.9㎞三浦

〇スプリント回数
28回藤春
20回小野瀬
20回三浦

〇シュート数
3本宇佐美
2本小野瀬
2本井手口

〇パス数
69本山本
53本昌子
50本藤春
41本三浦

〇山本選手個人データ
ラストパス1
パス69
前方パス成功率70%
走行距離12.4㎞
スプリント2

[アシックス] サッカーウエア 【天皇杯優勝記念】2020ヴィッセル神戸レプリカ半袖シャツ 背番号なし 2103A008

[アシックス] サッカーウエア ヴィッセル神戸レプリカ半袖シャツ 背番号なし 2103A004

ガンバ大阪 スウェット パーカー メンズ 長袖 フード付き 春秋冬 カジュアル スポーツ ランニン

主将戦記 宮本恒靖 単行本 – 2006/2/10

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。