ゼロックススーパーカップ2021-放送予定とスタメン予想-

Jリーグ開幕の前哨戦の風物詩・ゼロックススーパーカップの情報をまとめました!
スタメン予想やフォーメーション予想も行っています!!

ゼロックススーパーカップ2021-放送予定とスタメン予想-
キックオフ時間と放送局について

2021年のゼロックススーパーカップは川崎フロンターレ(J1王者&天皇杯優勝)とガンバ大阪(J1で2位&天皇杯準優勝)が激突します。
(2020年シーズンではリーグと天皇杯の優勝チームが重複した為、リーグ2位のガンバが出場)
毎年、Jリーグトップクラスのクラブチームが激突し、1週間後に迫るJリーグ開幕を占う最初の公式戦…という意味である種の風物詩的な試合でもあります。

キックオフは2月20日13:35~@埼玉スタジアム2〇〇2、
放送は日本テレビ系列で13:30~となります。
DAZNでの放送はなさそうです。

ゼロックススーパーカップ2021-放送予定とスタメン予想-
フロンターレ川崎の状況ついて

大島選手がコンディション不良、
登里選手がケガでJリーグ開幕も間に合わない可能性が高いようです。
その他の部分では支障は無さそうです。

沖縄キャンプでのボールを使ったメニューの動画を見ると、
”美しい”ボールコントロールのオンパレードで、
Jリーグトップクラスのチーム戦力だと再確認出来ます。
2020シーズンまでのチームスタイルを更に熟成させてこの試合も臨んでくることが見込まれます。

ゼロックススーパーカップ2021-放送予定とスタメン予想-
ガンバ大阪の状況ついて

小野選手がケガ、
新加入選手のチアゴ・アウベス選手とレアンドロ・ペレイラ選手が新型コロナウィルス感染拡大防止策により隔離期間があった為、キャンプに合流したのが2月9日。状態が上がってきているものの、試合が出来る状態に近づいてきているようです。
また昌子選手は足首に故障を抱えており、2020シーズンは痛みを抱えながらプレーしていましたが、2021シーズンは無理をさせない方針でいるようです。
宇佐美選手は一時のケガの程度に比べると良くなってきているようですが、こちらも無理をさせない可能性が高そうです。

チーム全体では1月18日に練習スタートして、10日程大阪で練習を消化した後、沖縄キャンプを実施。
昨年出来ていたこと(ハードワークと堅守)の継続をしつつ、新しいことに取り組んだこと(ボールを多く持ち、遅攻でもクォリティを発揮する)に宮本監督も、キャプテンの三浦選手も自信を見せています。
(守備戦術の確認に時間を多く割いた)去年と比較して、かなり攻撃に重点を置いた練習を重ねてきたようです。

ゼロックススーパーカップ2021-放送予定とスタメン予想-
スタメン予想について


フロンターレの4バックはこの4人で間違いなさそうです。
一方、変更があるとすれば3トップ中央に小林選手が入る可能性があります。

ガンバは中盤の構成とFWの構成がちょっと読みにくい部分が多いです。
宇佐美選手を無理させない可能性が高いと読んで、一美選手をスタメンと予想しました。
また新加入のチュ・セジョン選手がスタメンに入る可能性も高いですが、
ボールを持つ時間を長くしたい意図と昨シーズンからの継続を標榜することから山本選手のスタメンとここでは表記しました。
(チュ・セジョン選手は2月9日よりもずっと前からチームに合流しているので、コンディション良好の可能性が高いです)

以上、スタメンに入る可能性の選手を含めて途中交代や戦術の変更があるとすれば下記のようなメンバーになる可能性があります。

ゼロックススーパーカップ2021-放送予定とスタメン予想-
勝敗予想について

3-1でフロンターレ勝利と予想します。

ガンバは立ち上がりからキャンプで実践してきたボールポゼッションにトライすると思いますが、
ポゼッションはフロンターレのお家芸であることから、主導権はフロンターレが握る可能性は高いと思います。
その間に先制点が決まると試合終了までフロンターレペース…ということも十分考えられます。
よってこのスコアを予想しました。

ガンバの勝利の確率が上がるのは、
守備の比重を大きくしつつ、山本選手orチュ・セジョン選手と井手口選手の2~3名が中盤での駆け引きを制した時や、
フロンターレのSBが上がった後のスペースを小野瀬選手などが上手く使った時でしょうか。

ゼロックススーパーカップ2021-放送予定とスタメン予想-
まとめ

Jリーグ開幕を予感させるゼロックススーパーカップ。
これが行われると、「いよいよJ開幕!」の機運が高まってきますね。
他チームの選手やスタッフ、サポーターにとっても、レフリーの基本的な傾向や、
5000人上限の観客の雰囲気など、シーズンをイメージするための大事な試合となります。
注目ポイントとしては、
・2020シーズンの独走優勝を果たしたフロンターレに対し、各チームがどのような対策を取るのかをガンバがこの最初の公式戦で見せるかどうか
・新加入選手がフィットしているかどうか(シミッチ選手やチュ・セジョン選手)
となってくるでしょうか。特に1点目については、うまくハマれば2021シーズンのフロンターレの相手は同じような対策を取ることになると思うので、どんな対策をガンバが取るのか要注目です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。